株・225先物・TOPIX先物のデイトレード・スイングの裏技を公開!あなたもこれで勝ち組に!日経225先物 無限攻略

中国の実体経済は大丈夫なのか?

中国の実体経済は大丈夫なのか?

こんにちは、日経225先物 無限攻略の225 えびすです。

今日は、日経平均が600円以上も下げ、今年一番の下げとなりました。

ギリシアショックというカサに隠れて、上海株式市場はここ三週間で大幅な下げを見せていたのです。

このことは、すでにこちらの記事で述べていたとおりです。

最近の中国では土地バブルがはじけ、行き場の失ったマネーは、株式市場に移っていました。

ここ一年で2倍以上もあげるというお祭り状態。

中国では大学生の3割が実トレーダーと言われるほど、個人投資家がワンサカ増えていました。

しかも、資金が少ないであろう個人投資家は信用取引がメイン。

信用取引は売られるときは、さらに株価を加速して下げさせる特徴があるのです。

実のないバブルは土地だろうが株式だろうが、はじけるというのが世の常です。

ここ三週間の暴落で中国マーケットは390兆円を瞬時に失ったのです。

机上で能書きをたれていても仕方ありません。

たまたま今日、相場の急落が落ち着いたのを見計らって、友達(男性)に誕生日と会社創設7周年記念を兼ねて、プレゼントを買いにいった時の話です。

場所は名古屋一等地のルイ・ヴィトンの直営店。

こんにちは、日経225先物 無限攻略の225 えびすです。

今日は、日経平均が600円以上も下げ、今年一番の下げとなりました。

ギリシアショックというカサに隠れて、上海株式市場はここ三週間で大幅な下げを見せていたのです。

このことは、すでにこちらの記事で述べていたとおりです。

最近の中国では土地バブルがはじけ、行き場の失ったマネーは、株式市場に移っていました。

ここ一年で2倍以上もあげるというお祭り状態。

中国では大学生の3割が実トレーダーと言われるほど、個人投資家がワンサカ増えていました。

しかも、資金が少ないであろう個人投資家は信用取引がメイン。

信用取引は売られるときは、さらに株価を加速して下げさせる特徴があるのです。

実のないバブルは土地だろうが株式だろうが、はじけるというのが世の常です。

ここ三週間の暴落で中国マーケットは390兆円を瞬時に失ったのです。

机上で能書きをたれていても仕方ありません。

たまたま今日、相場の急落が落ち着いたのを見計らって、友達(男性)に誕生日と会社創設7周年記念を兼ねて、プレゼントを買いにいった時の話です。

場所は名古屋一等地のルイ・ヴィトンの直営店。

画像の説明

エピのジッパーウォレットを買いました。

画像の説明

その時、異様な光景をまざまざと見せつけられました。

店内のお客さんは、ほとんどが中国人だったのです。

日本人が全然いません。

日本のインバウンド需要は、中国人観光客に支えられているという実態を見せつけられました。

景気のいい話なのですが、さらに異様な光景は、お客さんのほとんどがスマホを片手に握りしめて買い物の物色をしながら、何やら見ているのです。

画像の説明

さすがに個人情報なので、店内のプライベート写真はとれませんでしたが、彼らが見ていたのはナント、株式チャートだったのです。

呑気に高級品を買いながら、株トレードをしている・・・・決して悪いことではないのですが、異様な光景であることは間違いありません。

彼らが売り手であれば救われるのですが、ここ数日前に中国は国内で利下げという国策を打ち出したばかりだし、、その後さらに年金資金を10兆円以上投入してインチキだろうが株価を支えようとしたばかり。

個人投資家の大半は信用買いのスタンスのはずです。

だって、国策だから。。。。

僕らのように225先物を売ったりする人は、ほとんどいないのです。

通常は「 国策に売りなし 」 なのです。

この神話を中国はぶち壊してしまったのです。

株価の急落で、品物選びも慎重になっている感じを受けたのは気のせいかもしれませんが。

こうして絶対神話である国策というマーケットの世界の常識をブチ破った驚異の中国マーケット。

ギリシアどころではありません。

世界のメジャー投資銀行が中国マーケットから撤退してるという話も聞きます。

とはいえ、日本の内需を今まで支えてくれた中国の人たちには感謝の念は忘れることはありません。

しかし、もうこれも終焉となるんだろうと今日、現場で肌で感じてしまいました。

そもそもマンパワーという有利な背景を持ちながら内需の掘り起こしに失敗した時点で、このような日がいつか来るわけで、先延ばしをしても解決しないというのが真理というもの(ギリシアも似たり)。

常に真理をみるようにしなくては・・・・ですね。

人件費が安い時代に注目を浴び、そしてそれで成り立っていた中国バブル経済も、オリンピックが終わって今は中国でモノを生産すること自体を失ってしまい、内需を盛り返す策がもうないのか・・・頑張ってほしいところです。

こういった分析を背景に、本日の全種別全トレード、大勝利となりました!

ありがとうございました。

コメント


認証コード3187

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional